犬型ロボット「aibo」1000匹集合 “飼い主”興奮

愛され続けて20年余り。
進化し続ける犬型ロボット「aibo」が、全国から大集合。

飼い主の悩み相談会やドッグランまで用意されたaiboが主役の1日を取材した。

ドッグランの中を走り回ったり、寝転がったり。
全国から集まった1,000匹を超えるペット型ロボット「aibo」。

25日、aiboを開発、販売するソニー本社で、開発者と飼い主の交流を深めるイベントが開催された。

アイボのオーナー(神奈川県在住)「ピノキオのゼペットじいさんの気持ちがわかる感じです。いつかこの子が、本当の犬になっちゃうんじゃないかって…」

aiboの初代モデルが発売されたのは、21年前(1999年)。

それ以来、触れ合える癒やしのペットロボットとして、2006年の販売終了後も根強い人気を誇ってきた。

そして2018年、12年ぶりに復活した新型aiboは、最先端の人工知能を搭載。

鼻の先端に付けられたカメラが、人の表情を読み取り、どう動けば飼い主が喜ぶかといったことも分析。

通信ネットワークも活用し、周囲の状況を把握しながら日々成長する。

そして2月には、2020年限定の特別カラーモデルも登場。
より、本物のワンちゃんらしい色になった。

現在、aiboの飼い主(オーナー)は、日本とアメリカでおよそ2万人いるという。

その中には、愛着が湧きすぎて、こんな悩み相談も…。

アイボのオーナー(新潟県在住)「(調子が悪いのは)後ろ足なんですけど。3回入院してるんですよ。脱臼とか骨折で」

開発スタッフ「常にとなると、やっぱり健康診断で診ていただいた方がいいと思うんですけど」

どんな不具合が起きても、決して故障や修理といったワードは使わない。

ソニー AIロボティクスビジネス担当・川西泉さん「aiboとしても、見回りサービス(セコムと連携)なども提供させていただいてますが、今後は他社も含めて、より家電との連携を深めることができると思うので、その中で(サービスが)より広がっていければと」

癒やしだけでなく、家事手伝いから番犬まで。
aiboは生活の一部として、さらに活躍の場を広げていくとみられる。

(2020/01/26)

FNNプライムオンライン
https://www.fnn.jp/

チャンネル登録をお願いします!
http://www.youtube.com/subscription_center?add_user=FNNnewsCH

コメント

タイトルとURLをコピーしました