子どもたちのお世話に赤ちゃん犬が大活躍 未来のセラピードッグ

赤ちゃん犬が、子どもたち相手に大活躍。

寝ている赤ちゃんを見守るフレンチブルドッグのハバナちゃん。

ポーランド中部のホスピスで過ごす子どもたちのお世話役。

セラピー犬を目指しているが、実は、当のハバナちゃんも生後2カ月の赤ちゃん。

子どもたちとじゃれあう姿もみられるが、本人は寝たり食べたり気ままな面も。

1歳になったら本格的な訓練を始めるそうだが、それでも、未来のセラピー犬はホスピスのマスコットとしてすでに大活躍。

ホスピスには、ハバナちゃんが足元にいると安心してよく眠る新生児がいて、ハバナちゃんも一緒に数時間寝ていることもあるそう。

(2020/02/06)

FNNプライムオンライン
https://www.fnn.jp/

チャンネル登録をお願いします!
http://www.youtube.com/subscription_center?add_user=FNNnewsCH

コメント

タイトルとURLをコピーしました